お知らせ


電子定款申請の添付ファイルに使用できる文字の変更
                                        平成25年5月24日

電子公証ではファイル名に使用できる文字種はこれまで記号を除く半角英数字(31文字以内)のみとしてきましたが,平成25年6月1日からこれに加えて
  ア 全角及び半角の各種記号(一部使えない記号があります。)
  イ 全角の英数字(15文字以内)
  ウ かな
  エ 全角のカナ
  オ JIS第1及び第2水準の漢字
を使用できることになりました。ただし,第3及び第4水準の文字は使用することができません。また,その他にも使用することができる文字,使用することができない文字があります。

添付するファイル名に使用できない文字は,以下のとおりです。
・ JIS X 0208-1997の第一水準,第二水準,非漢字の範囲外の文字
・ 半角スペース
・ 全角スペース
・ 半角記号 : 「"」,「#」,「&」,「'」,「(」,「)」,「=」,「^」,「~」,「\」,「|」,「`」,「:」,「;」,
        「*」,「+」,「,」,「<」,「>」,「/」,「。」
・ 全角記号 : 「―」,「〜」,「‖」,「−」,「¢」,「£」,「¬」
         ※ 「―」:全角ダッシュ・S-JISコード「815C」
     「−」:全角マイナス・S-JISコード「817C」



電子定款の復代理人に対する委任状について       平成24年1月20日

 従来は、作成代理人が書面で委任状を作成し、実印を押印の上、印鑑証明書を添付して復代理人が公証役場へ持参していましたが、電子定款と同じ電子署名を電子定款認証委任状(復代理有)に電子署名し、そのPDFファイルをメールで岡崎公証人合同役場までお送り頂ければ、認証することができるようになりました。
(※詳しくは、公証役場までお問い合わせください。尚、電子定款認証委任状は当ホームページの「定款認証」のページでダウンロードできます。)


電子公証システムの変更について                平成24年1月10日

電子公証システムの運用につきましては、日頃格別のご協力を賜り、誠にありがとうございます。
 電子公証(電磁的記録の認証、日付情報の付与、同一情報の提供、情報の同一性に関する証明、保存)の申請は、本年1月10日(火)午前8時30分から、「法務省オンライン申請システム」(旧システムという。)から、法務省の「登記・供託オンライン申請システム」(以下「新システム」という。)を利用して申請するものへとシステムの切替えが行われました。

 新システム下での電子公証申請に対応した申請用総合ソフトは、法務省の下記ホームページ上で配信されていますので、これをダウンロードしてご使用のパソコンにインストールしてください。
http://www.touki-kyoutaku-net.moj.go.jp/download.html
 なお、新システムに移行しても皆様がご使用中のパソコン(Windows 32ビット機)については、そのまま継続使用できます。また、新システムではWindows 64ビット機も使用できます。
 新システムの切替え準備、ご利用環境等これらの詳細につきましては以下のサイト等をご覧になってください。
http://www.touki-kyoutaku-net.moj.go.jp/cautions/kankyo/riyo_kankyo.html
http://www.touki-kyoutaku-net.moj.go.jp/flow/sogosoft/kankyo.html
http://www.touki-kyoutaku-net.moj.go.jp/kirikae/top.html